読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is a journey いま、私がおもうこと。

英語ビギナーだったわたしがワーホリ、バックパッカー、アメリカ人と国際結婚、アメリカL.A.へ移住。【現在アメリカ永住権の申請中。】

わたしが料理を楽しめる理由

f:id:saomcd:20170301193117j:image

今日の出勤前のブランチ。

午前中から出勤の日はヨーグルトだけで出かけますが、昼すぎからだったのでDavidとごはん食べました。

 

最近の残り物材料を使い切りたくててきとうに作ったら、おいしかったです。

いつもはトマト缶で煮て牛乳少し加えるんですが、時間ないから炒めてケチャップで少し蒸しました。

 

イングリッシュマフィンはDavidが期限切れ直前のものを大学から無料でもらえるので使ってみました。

目玉焼きが完成する直前にスライスチーズ乗せて蓋したらかなりいいかんじに。

なんちゃってエッグベネディクトになりました。

スリラチャチリソースをかけたら合う。

 

わたしは料理はもともと好きではないのですが、Davidと結婚してからは好きになりました。

 

というのも、彼は料理ができないしお義母さんが昔から料理しなかったから、365日朝はシリアルと毎日同じソースかけてパスタ食べてたからです。

 

味覚はあるのですが食にこだわりがなかったので、わたしが料理をするといちいち感激してくれます。

 

君は天才だよ。

本当においしいよ!

僕は幸せ者だよ。

 

などなど毎回褒めちぎってくれます。

そして翌日にもメールで、昨日はおいしい夕飯をありがとう!とか思い出しては感謝してくれます。

 

本当にノリで作る料理やワンプレート料理で、自分が食べたいものを作るわたし。

さらにわたしも働いてるしと、毎日は料理しないし気分で作ったり作らなかったりで、お弁当なんて作りたくないから作りません。(笑)

作ったとしておにぎり。

 

日本人の主婦としては失格レベルなので、旦那がアメリカ人で良かったです。

育児しながら仕事もして家事もきちんと毎日こなす主婦の方を本当に尊敬します。。

 

日本人の旦那さんて、奥さんが毎日三食作るのが当たり前と思っているし、何皿も毎日違うもの作るものだと思ってるし、感謝するの忘れちゃう人多いと思うんです。(母親の記憶がすりこまれてるんですよね。)

 

わたしは日本人の旦那さんもらってたら、ケンカしてたとおもいます。

 

アメリカ人は家事は共同だという考えを持つ人が多く、手伝いたがるので、たまに一緒に料理するのもたのしいです。

 

作った料理にケチつけられたことは一度もないのも、また新しいもの作ろうと思えるんだとおもいます。

 

甘い辛い薄い濃い、日本食、タイ、中華、イタリアン、アメリカンなんだろうとわたしが食べたい仕上げの味が好きな彼。

 

プレッシャーがまったくないから、喜んでほしくなって料理を楽しめるんだろうな。

 

ちなみにブルーベリーマフィンはDavidが焼きました。

お菓子担当の旦那です。

 

にほんブログ村