Life is a journey いま、私がおもうこと。

英語ビギナーだったわたしがワーホリ、バックパッカー、アメリカ人と国際結婚、アメリカL.A.へ移住。【現在アメリカ永住権の申請中。】

アメリカの映画館すごい。

アメリカに来てから、ロングビーチの映画館に2回足を運んでいます。

けっこう新しいモールに入っている、cinemarkという映画館。

日本でいうと、TOHOシネマズみたいな最新でモダンな感じ。

f:id:saomcd:20170602084126j:image

全席リクライニング付きでフットレスト付き。

アームレストのボタンひとつで調整できちゃいます。

ふかふかシートでとにかく快適♩

身長180cm超えのDavidでこのくつろぎ感。

f:id:saomcd:20170602084137j:image 

わたしはリクライニングして足伸ばしても余る余る(笑)

こんなにゆったりなの?!ってくらいくつろいで映画を鑑賞できます。

 

そして、アメリカは映画=夜のデート文化なので、昼間はお値段がさらに安い。

そして人がいない。

 

平日の昼間に行った2回とも、3,4組ほどのカップルのみで、さらに同じ列に他の人はいませんでした。

 

すごいのは、各列ごとに仕切りがあり、段差も余裕をとっているので前の列の人のあたまがまったく見えずに映画を楽しめちゃいます。

 

ちなみに、XDという最新音響システムの映画でも$12。(パイレーツオブカリビアンはこれで見ましたが、音がすっごくリアル。)

通常のもので$10。

3Dでも$15で見れます。(わたしは3Dは疲れるので避けます。)

昼間と夜、レイトショーで値段は変わりますが日本よりぜんぜん安い。

 

わたしは映画館に行くのは年に1回ペースで、わざわざ映画館に行って映画を見たいと思わないタイプなのですが、

アメリカで1度行ってみて、こんな快適で$10でたのしめるなら、とくに何が見たいとかなくても気軽に行きたいなーとおもいました。

 

今のところ、パイレーツオブカリビアンとThe Mummyを見ました(^O^)

やっぱり映画館の良いところは迫力があるところですよね。

 

字幕がないのは仕方ないですが、アクション系なら多少わかんなくても問題なし!

 

さすがにポップコーンを片手に映画はまだやっていませんが、いつかノリノリでやってみたいところです。(笑)

 

注意点は、もちろんクーラーキンキン。

羽織りを忘れずに持って行きましょう(^^;;

 

 

にほんブログ村