Life is a journey いま、私がおもうこと。

英語ビギナーだったわたしがワーホリ、バックパッカー、アメリカ人と国際結婚、アメリカL.A.へ移住。【現在アメリカ永住権の申請中。】

おたがいのお祝い。

先週の休日date nightのこと。

ロングビーチで1番人気なのではないかとおもわれるレストランThe Atticに行ってきました。

f:id:saomcd:20170624114152j:image

一軒家みたいなつくりでおしゃれでかわいい。

f:id:saomcd:20170624114847j:image

ブランチも毎日激混みらしいです。

平日夜に行きましたが中も外も満席の人気店。

実は先日Davidの両親が来た時にせっかくだから2人だと行けないかなとおもっていたこのお店で夕ご飯にしたのですが、ドリンクが来たところでまさかのエリア停電。。

しばらく復旧しそうにないということで泣く泣く退散しました。

そのときもスタッフがみんなフレンドリーで気遣いが素敵でした。

appetizer無料チケットを数枚頂いたので、わたしたち2人でさっそく再度行って来ました♩

f:id:saomcd:20170624114934j:image

かわいすぎる。

f:id:saomcd:20170624115026j:image

混んでたのですぐに座れたバーの席にしました。

お兄さんがまたカッコよい。

f:id:saomcd:20170624115213j:image

こちらが、The Atticで人気のブラッディーマリー!!!

Meaty Manというオリジナルミニバーガーとベーコンが乗ってきます。

 

なんとブラッディーマリーだけで9種類あります。そしてextraでいろいろ追加もできます。

ちなみにこれは前回頼んだレギュラーブラッディーマリー。f:id:saomcd:20170624115437j:image

 

f:id:saomcd:20170624115717j:image

乾杯♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

 

もちろんDavidの大学での仕事ゲットおめでとう!祝い。

そしてわたしも。

この休みの前日に、わたしの3カ月プロベーション期間が開けて晴れて正社員になりました。

マネージャー陣から直々に時間をとってもらい社員通達書とピンバッチを頂きました。

 

わたしの勤める会社はアメリカでもまれにみる、Dental, Visionつきで健康保険をかなり良い条件のもので約97%会社負担してくれるという高待遇。

 

社員は何も払わないようなものです。

配偶者や子供も同じものをかなり割安で入ることができます。

 

実は今まで無保険でいたわたしたち。

(保険のことは1月に採用されたときからわかっていたのでコレを頼りにしていました。)

ふつうに払ったら1人で400ドルほどします。。 

渡米前に1番心配だった、アメリカのありえない保険事情をカバーできるなんとも素晴らしすぎる会社です。

休暇や残業、労働条件も細かすぎるほどクリアーで、ブラックなところが1ミリもありません。

感謝です。

(保険のためにみんな辞めずに長いこと働いているようです。そりゃそうです。)

そりゃお祝いします。

これでこれから病院行けます。

Yay!!!!!

 

f:id:saomcd:20170624122948j:image

無料券で選べたappetizerとして、Deep fried picklesそしてShort rib poutin!

すでにボリュームすごい。

f:id:saomcd:20170624122955j:image

そしてこちらがメイン!!!

The Attic名物のHot Cheetos and Mac and Cheese!!!!

味は6種類。

ハラペーニョ味のスパイシーなものにしました。

Yelpで検索すると誰しもが必ず頼む一品。どのテーブルもみんな頼んでいました。

アメリカ人がみんな大好きなMac and cheese。

わたしは特にファンではないのですが、たしかにこれはおいしかったです。

チーズがとろとろ。

 f:id:saomcd:20170624123800j:image

ワインに切り替え。

ご飯代がかなり浮いたので贅沢♩♩

f:id:saomcd:20170624123823j:image

ライトがほんとうにかわいい。

f:id:saomcd:20170624123831j:image

ちなみに中はこんなかんじにもうひと部屋あります。

スタッフみんなイキイキしているし、海外〜な雰囲気でたのしい。

お酒もたくさん種類ありますよー

ロングビーチに来た際は是非とも行くべきオススメのレストランです。

 

にほんブログ村

サプライズ失敗

…ある意味成功。

 

日曜のDavidの誕生日にサプライズからのサプライズを計画中。

 

①何も言わずにカタリナアイランドに連れていく

②帰宅したらバックパックのプレゼント

 

と思って先週バックパックを吟味。

 

Davidのバックパックほんとにダサいから(笑)The North Faceがやっぱりかっこいいし持たせたいなーとチェックチェック。

 

お店が近くにないので、オフィシャルWEBページみたり、コメントで教えていただいたアマゾン発注で家に届かないようにするロッカーサービスを調べてみたり、ショッピングモールに行ってみたり。。でもない。

 

大学院行くのに分厚い本とか仕事の着替えとかなんでも詰め込むから大きいのがいいし、水をとにかく飲むからサイドポケット必須だし、でも本物みてみないとサイズよくわからないからネットから気になるやつをしぼってレビューみたりして検討検討。

 

近所のアウトドアショップでいくつか見た後にROSSをのぞいたら、1番候補のが色違いでたまたまあったので現物がチェックできました。

 

いよいよ明日には発注しよう!とスマホのネットでページをいくつかキープ。

 

翌朝は2人ともおやすみ。

起きるとDavidが一言。

「I just broke my backpack yesterday..I think I have some money for buying a new backpack TODAY!..I think I have..20..30 dollars so should be enough!」

 

ちょ!

 

今日わたしが発注するつもりだったんですけど!

 

毎日使うバックパックに対する予算低すぎなんですけど!

 

いまから買いに行くとかやめてーーー

(-_-).。oO

 

あと1週間だったのに。。

 

わたし「わたしが、、買ってあげるよ、、」

David「えー大丈夫だよ。自分で買えるよ心配しないで!」

わたし「。。。」

 

はぁぁーー

 

「もーーサプライズしたかったのにーあほーじゃあコレ見て!」

 

と二択でデザインを迷っていたので携帯の昨日から開いていたネットのページを見せました。

 

「君は本当に僕のことをよくわかってるね!コレこそがサプライズだよ!」

 

ということで、家に届いたらバレちゃうなんて心配はもういらなくなりました。笑

 

一緒にアウトドアショップ行ったらそれはそれでわりと気に入ってたけど、ROSSのThe North Faceを見せたら、クールだしとにかく作りがしっかりしてるのをかなり気に入ってコレがいいなーと言ってくれました☆

 

欲しいカラーはオフィシャルサイトのみだったのですが、フリーシッピングだしラッキーとおもい発注。

アマゾンプライムとかじゃないし1週間くらいかかるかとおもいきや2日後に届きました。

 

彼は誕生日にほしいというので壊れたバックパックを使っていて、プレゼントはしまってあります。

 

カタリナアイランドのチケットも手配したので、日曜日がたのしみです(^^*)♪

f:id:saomcd:20170620230930j:image

にほんブログ村

少し縮まった距離

家族の時間その3

先日のつづき。

ロングビーチ水族館のあとはディナーに行きました。

 

義父母と会うのは婚約前に1回、結婚してから2回の4回目。

2人とも優しいし私達に気を遣ってくれる。

Davidファミリーは本当に仲が良いし、姉弟7人カレッジ行くまでホームスクールだったので、お義母さんは子どもの特徴、頭の良さ、何に長けていて何が苦手なのかをよくわかっています。

 

「子ども2人ならなんとなく似るけど、3人、4人と増えてくとひとりひとりの個性が全然ちがうから楽しいわよ」

お義母さんは自分でも言ってたけど、

子どもを育てる。ということが好きなようです。

ホームスクールは、とくに授業をするわけではなく、本が山ほどあって、毎日好きな教科や本を自分でとって勉強させるスタイルだったよう。

それで1番上はスタンフォード大学院に奨学金もらって行けるレベルだしDavidも大学主席卒業だったり、義父も何でも知っていてすごい頭のキレるひとで兄弟みんな読書&映画好きで頭の良いお家。

 

だから家族で本の話や映画の話になると朝まで続くくらい考えとか思うことをシェアしまくります。

常にディベートを繰り広げます。

オタクなのか博識なのかわからない域です。

オタクだとおもう。

知識オタク。

 

わたしは一度みた映画はほんきで翌日には8割忘れるので、まず映画の話はできません。

 

みんなが大好きなスターウォーズは興味が持てずいまだに見たことないし、

ハリーポッターは1つ目を映画で見て特に好きじゃなかったからそのあと知らないし、

ディズニー一家だけどわたしはディズニー映画はアリエルが好きだったくらいでディズニー映画に興味がわかないんです。。

SF含めファンタジーが苦手なわたしとファンタジー大好き一家

 

本も自己啓発系意外はほとんど読まずに生きてきてたので、本の話をするなんてわたしにはむりだし興味がないと聞く気にならない。

 

シェイクスピア専門なDavidとその他作家の名前を出してあの本はああだこうだといい合う家族に対し、ロミオとジュリエットをディカプリオの映画で見たことならある…というわたし。笑

 

ふつうに生きてたら交わることはまずない一家です(笑)

 

David両親はベタベタにぎやかハグキスみたいな人柄ではなく、静かに穏やかに、家族ひとりひとりを愛しているという印象。

子どもひとりひとりをきちんと尊重してるのも感じる。

そして義両親はなぜかその中でもこの4番目のDavidが1番好きというのも本人もわかってるけど、わたしも思っている。笑

 

今まで3回はなんとなくよそよそしいというか、わたしはこれからお世話になるとおもうと演技で明るく元気になれず、自分が気がラクでいられる無口な本来の素な面が出ます。

 

それにファミリートークにあまりにも共通点がなく、わたしも悪いのですが質問とかあまりしないのでなんとなく聞いてなんとなく笑うみたいな。。

 

わたしはDavidの隣にずっといて自分の個性を出すこともなく義両親からしたら距離感に気を使わせてただろうなと。

 

でもDavidが選んだひとだからきっと僕たちにはわからない何かが良いんだろうみたいな、、笑

 

今回はディナータイムにわたしのことを初めてたくさん聞かれました。

 

長時間のバス通勤や友達がいるのかとか仕事に行くのが嫌じゃないかとか日本が恋しくないかとか…

 

そしていままで聞かれなかったうちの姉妹関係やわたしの考えとかいろいろ聞いてきました。

なんか少しパーソナルな話ができて、距離が縮まったかんじがします。

 

義両親がわたしのことをこっちで楽しくやれてるのか心配してくれているんだなというのを感じました。

 

「わたし、変かもしれないけど、あまり日本が恋しいとかまだ全然ないです。

友達や家族ともLINEやSNSで日々繋がってるから離れてる気があまりしないし、仕事もうまくいってるし仕事方面には日本マーケットあるからなんでも手に入るし食べものにまったくストレスがない。

なによりDavidがいるから幸せだしロングビーチ生活はすごく楽しい!」

 

義父ちょっと目を丸くしていました。

君はDavidよりもポジティブなようだね!と。

 

実は家族が嫌いとおもって生きていてずっと家から出たくて東京に出た話、オーストラリアにワーホリ、1人東南アジアバックパッカーしてた話も知らなかったので、わたしは1人を楽しめるというか、自分の直感と、時にとことん悩んでひとりで決断してしまうタイプ。

なにごともやれそうならやらないよりやってみたらいいんじゃない?という考え方。

20歳以降は家から出たことで逆に親との距離が縮まり仲良くなれてること、姉妹とも子どもを通して姉妹らしくなれてる話。

自分は常に新しい環境をたのしんでしまうひとのようです。

と話しました。

 (そうなんです。)

イメージしてたわたしと違ったかもしれないけど、わたしはなんだか前より気に入ってもらえた気がしました。

…笑

 

翌日Davidは仕事だったので義両親と1日一緒にいたのですが、初めてのDavid抜きも全然たのしく過ごせました。

 

人とうまくやるのは得意でも、人と仲良くなるのには時間がかかるわたしですが、ようやく自分のことを知ってもらえてうれしくおもいました。

f:id:saomcd:20170618234205j:image

David抜きでたのしむ図。

f:id:saomcd:20170618234417j:image

ひたすらごちそうになっていたので、

夜は餃子やきそば麻婆豆腐などチャイニーズよりな日本の食卓な夕飯を作りおもてなししました。

 

最後に

義父さん「…それで、David、君の5年後のプランは?」

David「どこかはわからないけど、大学で教えているつもり。」

義父さん「sao,君の5年後は?」

 わたし「小さな目標をちまちま叶えてくタイプで夢という夢がないので、Davidを支えて一緒に教授にすることです。私達はチームなので。」

義父さん「いいね。でもほら、…君にも何かやりたいこととか…こうなっていたいとかないのかな…?」

わたし「。。。うーん。。。母親になっていれたらいいかなぁ。」

義母さん←「YES!!」即答。

 

これを聞きたかったんだろうなーずっと。笑

子ども好きの義母は、さらにアジア人の赤ちゃんが昔から大好きらしく、アジア人の赤ちゃんがいるとかわいいかわいいと言っていたようです。

 

そりゃ、ほしいよね。かわいいDavidの子ども。そしてアジア要素入りした顔立ち。笑

 

わたし「現実問題、いまは仕事をはじめたばかりだし、わたしが仕事辞めたら家賃払えなくなるし、仕事つづけるならベビーシッターとか使うお金ないしムリです。

できたらできたでなんとかするけど、プラン的にはDavidが大学院卒業するまでは作るつもりありません。

それに2人で旅行とかまだたのしみたいし。

とはいえ作りたいときにできないかもしれないし先のことはまったくわからないけれど、それならそれというか。。そりゃ子どもいづれはほしいんですけどね。」

義母さん「そうね。でもまあ、うちにはスペアルームもあるから。うふふ。」

 

。。アリゾナね…ふふふ。

 

わたしたちがまったく作る気ないわけじゃないことはわかって嬉しそうでした。笑

 

先のことなんて、わかりません。

そのときそのとき。

 

にほんブログ村

ロングビーチ水族館

家族の時間その2

Aquarium of the Pacific 

http://www.aquariumofpacific.org/mob/ile

f:id:saomcd:20170613092032j:image

南カリフォルニア最大規模のロングビーチにある水族館。

館内は「北太平洋」「南太平洋」「カリフォルニア」の3つに大きく分けられています。

f:id:saomcd:20170613093236j:image

エントランスを通るとクジラのオブジェがお出迎え。

2時に入りましたが平日なので人が少なくて見やすくて良かったです!

 f:id:saomcd:20170613093528j:image 

小さなカフェスペース。

コーヒーはスタバのものでした!

余談ですが、義父さんいわくロングビーチには近い距離でもやたらスタバがあるとのこと。

f:id:saomcd:20170613093745j:image

外にはインコエリア、鮫エリア、お触り体験コーナーもあります。

順路がないのでどっからまわればいいのか、どこにいるのかよくわからないのが難点(^^;

とりあえず外へ。

 f:id:saomcd:20170613093820j:image

インコに餌やり体験エリア。

餌買わなくてももちろん入れます。

Davidは買う。

f:id:saomcd:20170613093915j:image

カラフルなインコがわんさか飛んできます。

わたしは苦手なので写真とりに徹底。

f:id:saomcd:20170613094200j:image

お次は鮫コーナー。

小さい鮫たち、なんと触れます。

f:id:saomcd:20170613094301j:imagef:id:saomcd:20170613094321j:imagef:id:saomcd:20170613094355j:image

水槽上から見たり

f:id:saomcd:20170613094509j:imagef:id:saomcd:20170613094522j:imagef:id:saomcd:20170613094545j:image

下から見たり

f:id:saomcd:20170613094621j:image

サメとヒュージョンした間抜けなところ。

そしてぴょんぴょん跳ねるエイとハイファイブできるコーナーも。

f:id:saomcd:20170613094857j:image

すでになかなかおもしろい!

施設もきれいです。

お土産コーナーもかなり豊富。

f:id:saomcd:20170613095145j:image

絶対にわたしのこと遠くから見ていたアザラシ。

かわいすぎます。

館内側からは水槽の中を泳ぐアザラシも見れます。

f:id:saomcd:20170613095432j:image

お気づきと思いますが、わたしは水族館や動物園が大好きです。

気に入った動物の前ではマイペースにゆっくりじっくり見ていたいひとです。

写真多めでまだまだつづきます。

 

f:id:saomcd:20170613095626j:image

クラゲ推しなのかけっこうな種類のクラゲが展示されていました。

f:id:saomcd:20170613095748j:image

ヒトデお触りコーナーも。

不思議な触感。。

f:id:saomcd:20170613095845j:image

ところで、なぜか義弟は出かけると必ず被り物を買います。

しかもそれを翌日もふつうに帽子のようにかぶります。。笑

 

f:id:saomcd:20170613100215j:imagef:id:saomcd:20170613100335j:image 

ラッコがわりとメインなかんじで、6匹もいます。

超げんきにすいすい泳ぎまわっていてかわいすぎました。

ラッコがこの水族館1番のお気に入りに。

餌やりショータイムに遭遇、みんな良い子ちゃんたちで楽しかったです。

f:id:saomcd:20170613100640j:image

日本人か?という低姿勢でのおねだり(笑)の瞬間。

f:id:saomcd:20170613100758j:imagef:id:saomcd:20170613100922j:imagef:id:saomcd:20170613100951j:image

とにかくカラフルなお魚がいっぱい。

水槽が大きくて癒されましたー。

 

日本の水族館みたいなショーはないですが、子ども連れでもカップルでもかなり楽しめるつくりでした。

 

お土産に小さなぶさかわなペンギンのぬいぐるみを買ってもらったのですが、そういえばペンギンいない。。

 

なんて言っていたら、最後にみつけました!

2階の外にコーナーがありました。

f:id:saomcd:20170613101747j:imagef:id:saomcd:20170613101812j:image

くぐって下から見れたり。

見逃さなくて良かったです。

 

そんなかんじであっというまに6時閉館近くなり退館。

 

お値段は大人$29.95

(義父さん、いつもわたし達夫婦に甘い。ありがとうございます。)

 

f:id:saomcd:20170613230348j:image

帰りは疲れきってやっぱりバスに乗りました。(^^;

 

にほんブログ村

家族の時間その1

火曜にDavidの両親と1番下の弟がロングビーチにやってきました。

 

Davidの大量すぎる本、本棚を車で運んできてくれました。

ついでにホテルに3泊。

わたしの水木休みに合わせてファミリータイムの休日となりました。

 

f:id:saomcd:20170612095623j:image

アパートから徒歩でダウンタウンまで。

アリゾナは家から一歩でたら即車生活なので彼らは普段まったく歩きません。

 

ロングビーチは歩けるお街なので、せっかくだから歩いて街並みの景色を楽しみました。

緑や花がたくさんで家が一軒一軒カラフルで個性的なのでわたしもロングビーチを歩くのは大好きなのですが、家族もとても楽しんでいました。

 

途中のお気に入りの店でコーヒーを買って歩くなごやかな時間。

 

わたしの提案で、先月ダウンタウンにできためちゃくちゃでかい中国系ブッフェの店でランチ。

 King Buffe 

f:id:saomcd:20170612100406j:image

f:id:saomcd:20170612100920j:image

f:id:saomcd:20170612100536j:image

種類がびっくりするぐらいあるし、焼肉を焼いてくれたりモンゴリアンヌードルを選んだ食材でその場で作ってくれたり。 

寿司も結構種類あり。

f:id:saomcd:20170612100422j:image

デザートコーナーもあるうえにチョコレートファウンテンまで。

 

ランチなんと$9.99!!

 

本当に種類多すぎてホテルレストラン並みのスペースで席があるので、経費と収入が大丈夫なのか、、すぐ潰れないといいですが。笑

 

ただ、味は特別おいしくなかったです。寿司はまずい。。 

でもこの値段じゃ他にランチ行くより全然安いので文句ありません。

 

食べ物でテンションが上がるわたしなので、ちゃっかり良いテンションでその後も楽しめました。

 

家族には4月にアリゾナで会ったばかりなので今までみたいに緊張もせずにすんなりいけました。

 

このあと初のロングビーチ水族館へ。

つづく。

 

にほんブログ村

チャンスをものにできる旦那

 f:id:saomcd:20170610231719j:image

月曜日、なんでもない日だけどDavidが遅番を早番に変えてもらいゴハンに行こうということで近くの前にお気に入りしたコリアンレストランへ。

 f:id:saomcd:20170610232032j:image

プルコギナチョ。

ハラペーニョにsrirachaソースもかかっていて韓国とメキシカンとカリフォルニアのヒュージョン!

ロングビーチは本格国籍料理よりもヒュージョン料理が多いです。

 

これ、具沢山で下までプルコギいっぱい味がついていてかなりおいしかったです。

f:id:saomcd:20170610232046j:image

スンドュブは今回も辛さ6にしたら辛かった〜

 

そんなこんなたのしんでいると、Davidが先日のinterviewのことを話し始める。

 

Davidの通うカリフォルニア州立大学ロングビーチ校(CSULB)にてインターンがてら有給で大学一年生に、アシスタントではなく教師として1人でクラスを持って教えるポジションが募集。

 

今後の履歴書や経験、教授達とのコネクションもつくれる大チャンス。

 

もともと大学院に行くと決めたときから大学院生の間に講師として大学で教える仕事がしたかったDavid。

 

しっかり情報をつかんで、アプライしてグループ面接を好印象で乗り越えて、つかみました!

教授への道のりへの大きなステップアップ。

 

9月から春までのタームのみ。

もちろんフルタイムじゃないので、他にも仕事をかけもちしなきゃです。

コミュニティカレッジでの講師や大学の他のポジションでも面接中。

 

どうしてもいまの飲食店から早くやりたい仕事に抜け出したかった彼。

 

目標だった、大学院1年目は良い成績を出すことに集中。教授とのコネクションをつくる。仕事はなんでもいいからとにかくお金を稼ぐ。

でも大学院2年目には大学で教える仕事をしている。が、達成できそうです!!

 

アサイメントはいつもAをもらっていたもよう。

 

ほしいものを必ず手に入れる男。

さすがDavidだなーと感心。

 

最近まで、こんなはずじゃないとか僕なんて、、と落ち込む日々が多かったけどすっかり自信を取り戻したもよう。

 

わたしは学業や仕事に関しては、彼ならできるとおもって細かいことは聞かずにかなり彼任せですが、

あなたは絶対うまくいくから大丈夫よんとだけはふだんから言っています。

 

アメリカの大学生に英語を教えるなんて、ちょっとカッコよくないですか??(*^^*)

日本でいうと日本人の大学生に国語教えるようなものです。

 

大学生がお金を払って受ける大事な単位の授業をDavidが教えると思うと、お給料よりこの経験が彼の大きな財産になるとおもっています!

(ちなみに授業の準備もあるので、一つの単位としてももらえるそうです)

 

この期間にDavidの愛されキャラを炸裂してもらって教授コミュニティを広げてもらうことを願います。

あなたの夢には実力だけでなくポジションに空きがでたら声をかけてもらえるコネがかなり大事だとリマインド。

 

現実が不安定で心が折れそうになりながらも、きちんと目標を立てて行動している旦那をやっぱり尊敬しています。

 

がんばれーDavid!

 

 

ちなみに、彼の分野は英文学で歴史や英語なんですが、わたしは本を全く読まないし彼の好きな分野に1ミリも興味がありません。

彼がどうしても授業のことや本について話してくるときは興味を持てないのでリアルに80%以上聞き流します。

 

英語もてきとうに話しているままです。

すぐ横に英語を話すだけでなく英語圏のひとに英語を教えるような英語の大先生がいるというのに、なんにもそのメリットを使っていません。笑

 

英語専門のくせにこんな耳障りなブロークンイングリッシュを話すワイフと四六時中いるなんて、わたしにはDavidが不思議で仕方がありません。笑

 

英語の先生のワイフなのにおかしな現実ですよね。

 

にほんブログ村

わくわくする時間

f:id:saomcd:20170605095942g:image

わたしがわくわくを感じるときはひとりで旅行のプランを立てているとき。

航空券を探しているとき、安宿を探しているときは楽しさMAXです。(^^;

 

たぶん"ひとりで"が肝心。

みんなで出かけようーの場合は何も聞かずにただ参加するほうがラクですき。

 

ひとり旅か2人旅でじぶんのペースで決めていける感覚が好き。

 

早いものでもう6月、、

Davidの誕生日が月末にやってきます。

 

パートナーの誕生日に何をあげよう何をしようというのは毎回のごとく若干憂鬱でもあり、アイデアが浮かび出すと急激に楽しくもなり。

 

やたらサプライズを考えてしまうわたし。(自分がされたら嬉しいからするんだとおもうのですが。)

 

物欲がないDavid。

何がほしいー?なんて聞いても、「YOU」としかどうせ返ってこない。

 

わたしの誕生日は彼のセンスを全く信じていないので、具体的なリクエストまたは一緒に買い物に行くのですが。。

 

だからいつも勝手に考えて何かします。

 

彼の誕生日に休みが連休でとれそうなので、せっかくだからどこかに行きたい。

でも車がない。

レンタカー高いし。

バス電車で行けるところはわりと行ったし、、

お出かけ。じゃなく、旅行!ってかんじのなんかプチ遠出がしたい。。

 

カリフォルニア   観光

ググる、、

 

いまいち。。

 

 

あった!

 

ちょーーーど良い場所!!!

 

ロングビーチからフェリーで1時間。

 

調べていくとまさかの誕生日特典があり、これがすごい。

プチ旅行がかなーーりリーズナブルにできちゃいそうです。

 

一泊も考えましたが予算が、、

日帰りで楽しみつくして帰宅して翌日は2人でぐっすり寝る。

という連休の1日はだらだらしたいというわたしたち夫婦にベストなイメージができたので

 

 

にやにや。

 

にやにや。

 

 

調べ出したら止まらなくてまた夜更かしをしてしまいました。

 

内緒で計画して当日突然連れて行こうとおもっています。

f:id:saomcd:20170605101007j:image

こーんな島。

f:id:saomcd:20170605103442j:image

すごく小さいからすぐに周りきれてしまい日帰り旅行にオススメとのこと。

 

わかるひとはわかるとおもいます。

また改めてブログを書きます。

 

誕生日特典を使い日帰りにしたら予算がぜんぜんあまりそうなのであとは何か小さなプレゼント用意できれば。

 

たぶん通学通勤用のバックパック。

おそらくバックパック。

だってダサいしボロいんだもの。。

 

と今度はアマゾンチェック。

 

でも荷物が家に届くとバレちゃう。。

 

あー買い物に行かなくてはーーー

 

いくらでも使ってあげれたらいいのかもしれませんが、予算があるから範囲が狭まり悩む。

でもそのなかからコレ!というものを見つけられたとき、プランが決まるときの快感。

 

コレ!絶対喜んでくれる!!

なプレゼントが誕生日までに見つかりますように。

 

わくわくとムズムズがしばらく続きそうです。

 

にほんブログ村