読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is a journey いま、私がおもうこと。

英語ビギナーだったわたしがワーホリ、バックパッカー、アメリカ人と国際結婚、アメリカL.A.へ移住。【現在アメリカ永住権の申請中。】

お金のこと。その1

お金と国際結婚

f:id:saomcd:20170305070822j:plain

私たち夫婦間ではお金に関して包み隠さず情報をシェアしています。

お金のことってなんか避けてしまうトピックですが今日はそんな話。

 

わたしはお金に結構細かいタイプ。

毎日手帳に家計簿的なかんじで何にいくら使ったのか簡単に記載しています。

時々まとめていろいろ算出したり、今後の予算を考えたりするのがどうも好きなタイプ。

ただしいつもややポジティブに見積もってしまい、実際は楽しいといいやってお金が飛んでいていつもオーバーしているというのはまあしかたなく、それでも一応毎月、収入と支出と貯金額をチェック。

ぎすぎすしない程度に、でもお金を管理したいタイプ。

 

Davidはお金に無頓着(笑)

結婚したのが彼が26歳で、アメリカ人は自立しているし考え方はとても大人でしっかっり者だったけど、お金の使い方はほんとうにひどかったです。

というのもデートを始めたころの彼は結婚なんて30歳過ぎていつかすると思っていたので20代は自由に生きるつもりでいました。

貯金本当にゼロ。毎月の給料をすべて使い切ってその月暮らし。

まあふつうの20代なんてそんなものですよね。

今の日本男子がゆとり?さとり世代?で真面目すぎるかと。。

 

わたしもその年頃は貯金しては一気に使っての繰り返し。

 

学生時代にバイト掛け持ちで貯めたお金で、20歳で東京で念願の一人暮らしして服飾系販売員の安月給でも貯金崩してブランド服買って休日はカフェに行って特に貧しい思いもせずにそれなりに過ごせて、でも貯金なんてできない生活。

2年経ち22歳で店長まかされるも安月給は変わらず正社員なのにボーナスもない。

3年半務めたアパレルを辞めてワーホリに向けて数か月キャバ嬢を週5でがっつり稼ぐ。(実は、、そんな経験もしています。笑 といっても私服OKなのでわたしはドレスではなく髪も巻かずにキャンキャン系の服装してそれなりなキャラに。)

ど短期のつもりで全然やる気なかったのに、毎晩キャバ嬢やってるとコツがつかめてきて、君はキャバ嬢ぽくないということで人気が出てきて指名が毎日いくつも入るようになり、稼げるけどお客さんとの駆け引きが限界に。。

染まってしまえばラクだけど、あくまでお金を貯めるためだけ!ということでばっさり辞めて渡豪まで残り数か月はまともに高時給の携帯ショップの受付でつなぎました。

 

そんなこんなで24歳でワーホリに行き学費など初期費用に充て、現地でまたバイトでお金貯めて資格取ったり旅したりして帰国時にはすっからかん。

住み込みバイトを半年してまた貯金して東南アジアのバックパッカーの旅に出る。

低予算の貧乏旅でもそれなりにお金はかかるのでまた貯金なくなる。

 

そして26歳で前職に就き4年間働きその間にコツコツ旅行貯金しながら毎年2回ほど低予算海外旅行に行き(でもこの楽しみがないと仕事できない)さらに別口座で将来のための貯金をしていた・・とまあこんな感じです。

一気に稼いでは一気に使うタイプだったようです。

 

ふつう・・ですかね。。(笑)

なんか書き出したら私の半生暴露みたいになってしまいましたが(*_*;

いいんです。

もちろんその間に恋愛や仕事のことや家族のこと、ワーホリ、旅、出会いなどいろいろドラマがありましたが省略。

 

とっても長くなりましたが、そんな私なので前職の間に落ち着き今でこそ貯金もできるし何に使うのはOKで何が要らないのか管理できますが、26歳のきままな彼の金銭感覚を責めることはできませんでした。

 

ですが結婚すると決めてからは、彼が志望していたアメリカの大学院に行くというのも2人で決めての結婚だったのでさすがにお金の話はシビアになっていきます。

 

“これからはあなたのお金はあなたのお金だけじゃなくなるの。

というかそもそもお金ないし。。

というかそれでそうやって大学院に行くつもり?

本当にちゃんと考えてる?

ぜんぶ紙に書き出して。

私が向こうで仕事できなかったらどうなるの?

日本に時々帰国する飛行機代だって必要だし、子供もいづれ欲しいし、年に1度は夫婦旅行も行きたいし。。”

 

言い出すときりがないくらい。

でも彼にも考えがあり、彼なりのプライドもあり。。

そもそも普通に生活ができるのかという無謀な計画だったのです。

 

 

その2につづく。

にほんブログ村

TO GO文化

JUSTブログ

f:id:saomcd:20170304091414j:plain

わたしが働くレストランもそうなのですが、アメリカは持ち帰りの文化。

レストランは量が多いのですが、食べ切らなくても良いんです。

最後にTo go boxをもらって持ち帰ります。

なのでほとんどの人が食べ残していきません。

食べ残し感のすごいプレートでも持ち帰りたがります。

 

日本は食べきれなければそのまま残していくので、持ち帰りボックスはほとんどの店が置いてないし、持ち帰りは恥みたいなところがありますよね、、

食べれる量をきちんと頼む文化とも言えますが。

 

本当に持ち帰ってからまた食べているのかは謎ですが(笑)、良い文化だと思いませんか?

なので、どのレストランもboxを用意していて、無料でもらえます。

 

あとは家でごはんを楽しむのも好きなので、レストランにTo goオーダーを電話でしてpick upしていきます。

日本のレストランはあまり持ち帰りオーダーをしていないとおもうので、これも違いかなと思います。

 

仕事はじめた当初は電話が鳴ると注文聞き取れないよ〜とビクビクしましたが(笑)、メニュー覚えたしだいぶラクになりました。

アメリカ人はベジタリアンも多いし、いろいろな人種がいるからか、あれを抜いてこれをエクストラで入れてソースは別皿でとかリクエストが多いんです。

コーヒーショップでもいろいろなミルクを選べたりします。

さすがです。

 

ちなみに、カリフォルニアではみんな持ち帰りはTo goと言いますが、他の州はどうなんでしょう。

日本でよく聞くTake outとはあまり言いません。

オーストラリアではTake awayと言っていました。

 

わたしは店でできたてを食べたい派ですが、今日は当たり前になってきていたTo goの文化を書いてみました。

 

にほんブログ村

3月さっそくお菓子断食。

JUSTブログ

先日ブログを書いたとおり、アメリカに来てから2カ月間とにかくよく食べ、食べ過ぎて本当におなかがはちきれそうな毎日に。

 

体に悪いものばかり食べてるからか、便秘も続くし、毎晩横になると胃がキュルキュルごろごろ。

 

というわけで、さっそく果物&ヨーグルトに野菜中心生活をスタートしました。

f:id:saomcd:20170303135557j:image野菜はこのあとアジアンマーケットに買い出しに。

休日なので安さと種類を求めて近所のスーパー3軒はしごしました。笑

 

ドライプルーンも含めて果物スーパーでぜんぶで5ドル!安い。

日本は果物高すぎますよね。

りんごは10種類ほど並び、だいたい一個30〜60セントくらいです。

キウイは小さいもので30セント。マンゴーは80セント。バナナは一房50セントくらい。

プルーンは便秘や美肌、とにかく健康に良いと言われていますよね。

カリフォルニアはプルーンの産地だからかオーガニックのもので安かったです。

効果あるかな?

これから買い続けようと思います。

 

これだけ安価で種類も豊富ならアメリカ人がいつも果物食べる理由がわかる気がします。

 

ヨーグルトはもったり濃厚なギリシャヨーグルトが アメリカでは主流。

わたしも大好きです。

ふつうのヨーグルトに比べてプロテインが2倍あり美肌効果が高いよう。

すぐ近所にバーゲンスーパーがあって、

そこではヨーグルトが一個50〜60セントで買えます。

日本は食べ切りヨーグルト小さいですが、アメリカは170gとぎっしり。

 

夕飯は炭水化物抜きでキムチ鍋。

発酵食品であるキムチと野菜を摂取。

 

今日から腸内環境を劇的に改善していきます!

ネットで調べて、ヨーグルトだけでは流れてしまうからはちみつや果物を一緒にとると良いらしいです。

プルーンは食物繊維抜群で、水溶性、不溶性と両方兼ね揃えた強者。

野菜はあまりこだわらず日々使って料理したいと思います。

白米、パスタ、パンは自炊では控えます。

 

チョコが大好きで毎日食べてしまっていたのをスッパリ辞めるのはつらいですが、まずは2週間、お菓子断食でジャンクフードはどうしてもな時だけにして、体に良いものを摂取してみます。

 

運動しろよっていうところですが、いきなり新しいことを一気にはできないのでまずは食事の見直しから。

 

パンパンぶよぶよのお腹周りがスッキリしますように。

また経過を書きます。

 

にほんブログ村

わたしが料理を楽しめる理由

おもったこと

f:id:saomcd:20170301193117j:image

今日の出勤前のブランチ。

午前中から出勤の日はヨーグルトだけで出かけますが、昼すぎからだったのでDavidとごはん食べました。

 

最近の残り物材料を使い切りたくててきとうに作ったら、おいしかったです。

いつもはトマト缶で煮て牛乳少し加えるんですが、時間ないから炒めてケチャップで少し蒸しました。

 

イングリッシュマフィンはDavidが期限切れ直前のものを大学から無料でもらえるので使ってみました。

目玉焼きが完成する直前にスライスチーズ乗せて蓋したらかなりいいかんじに。

なんちゃってエッグベネディクトになりました。

スリラチャチリソースをかけたら合う。

 

わたしは料理はもともと好きではないのですが、Davidと結婚してからは好きになりました。

 

というのも、彼は料理ができないしお義母さんが昔から料理しなかったから、365日朝はシリアルと毎日同じソースかけてパスタ食べてたからです。

 

味覚はあるのですが食にこだわりがなかったので、わたしが料理をするといちいち感激してくれます。

 

君は天才だよ。

本当においしいよ!

僕は幸せ者だよ。

 

などなど毎回褒めちぎってくれます。

そして翌日にもメールで、昨日はおいしい夕飯をありがとう!とか思い出しては感謝してくれます。

 

本当にノリで作る料理やワンプレート料理で、自分が食べたいものを作るわたし。

さらにわたしも働いてるしと、毎日は料理しないし気分で作ったり作らなかったりで、お弁当なんて作りたくないから作りません。(笑)

作ったとしておにぎり。

 

日本人の主婦としては失格レベルなので、旦那がアメリカ人で良かったです。

育児しながら仕事もして家事もきちんと毎日こなす主婦の方を本当に尊敬します。。

 

日本人の旦那さんて、奥さんが毎日三食作るのが当たり前と思っているし、何皿も毎日違うもの作るものだと思ってるし、感謝するの忘れちゃう人多いと思うんです。(母親の記憶がすりこまれてるんですよね。)

 

わたしは日本人の旦那さんもらってたら、ケンカしてたとおもいます。

 

アメリカ人は家事は共同だという考えを持つ人が多く、手伝いたがるので、たまに一緒に料理するのもたのしいです。

 

作った料理にケチつけられたことは一度もないのも、また新しいもの作ろうと思えるんだとおもいます。

 

甘い辛い薄い濃い、日本食、タイ、中華、イタリアン、アメリカンなんだろうとわたしが食べたい仕上げの味が好きな彼。

 

プレッシャーがまったくないから、喜んでほしくなって料理を楽しめるんだろうな。

 

ちなみにブルーベリーマフィンはDavidが焼きました。

お菓子担当の旦那です。

 

にほんブログ村

2ヶ月経過、食生活の見直し。

JUSTブログ

f:id:saomcd:20170228091817j:imagef:id:saomcd:20170228091831j:imagef:id:saomcd:20170228091844j:image

週末Davidと食べたもの。あとドーナツ。笑

f:id:saomcd:20170228093854j:image作ったのはビックなハンバーグとポテトサラダ。

 

チョコを食べはじめたらクセになり毎日食べてしまい、ポテチやら遅い時間の間食も日常化。

 

わたしも彼も胃が毎晩キュルキュル言っていて、体がだるおも。

アメリカ生活も2ヶ月経ち、ムチムチとぶくぶくと食べたものが身についてきました。

もともと痩せ型ですが、お腹に肉がつきやすく、隠れデブなわたし。

最近はパンツのボタンをしめて座っていられなくなりました。。

 

もともとジャンクフード好きなのですが、こちらは量が多い。

ご飯も日本にいたときはちょっとで良かったのに、いまは苦しくなるまで食べてしまう。

毎日お腹が苦しくて気持ち悪い。。

 

気になるカフェやレストランが多いロングビーチがわるいのだ、、

と思う反面、普段の食生活を見直さなければならない時が来たなと。

 

わたしの体が、君は日本人だよと訴えています。

 

というわけで、しばらくハマってしまっていたお菓子類を発ちます。

ジャンクフードも本当に食べたいときだけにします。

急に超ヘルシーにはなれないので、少しづつ。

炭水化物少なめの、野菜とフルーツ中心の生活を送っていこうとおもいます。

 

でも、行きたい気になるお店がたくさんあるので、休日はたまにお出かけは変わらず続けます。

だからこその普段の食事を減量します。

 

オーストラリアにいたとき、お菓子にハマって1年で7キロ太ったので、30代で繰り返してはいけないなと。

 

ダイエットというよりは、健康を意識するかんじで3ヶ月目を過ごしてみようとおもいます。

f:id:saomcd:20170228093559j:imageアメリカンフード食べ過ぎた反動で無性に日本食食べたくなり、肉じゃがとほうれん草のおひたし、アスパラガスソテーを作りました。

米は抜きました。。

だしの素、最高です。

 

にほんブログ村

Mardi Gras in LB!

JUSTブログ

先日、年に一度のロングビーチゲイパレードを見てきました。
ロングビーチには同性愛者🏳️‍🌈が多く住んでいます。
f:id:saomcd:20170228090049j:imagef:id:saomcd:20170228090055j:image
Shoreline Village で行われました。
家から近いのに初めて来ました。
カラフルでかわいい。
f:id:saomcd:20170228090117j:imageQueen Merry号の近く。
f:id:saomcd:20170228090143j:imagef:id:saomcd:20170228090151j:imagef:id:saomcd:20170228090159j:imagef:id:saomcd:20170228090205j:imagef:id:saomcd:20170228090210j:imageパレードは予想以上に規模が小さくてゆるかったです。笑

わたしは思想の自由が1番だとおもっているので、誰が何を信じようと愛そうと好もうと、その人が良ければいい。
他人がとやかく言うことではないとおもっています。

もちろん、公にするのも隠すのも個人の自由。

世界中には色々なひとがいて、日本にだって様々な人がいる。

 

ロングビーチののびのびしたオープンな雰囲気、わたしは好きです。

 

にほんブログ村

気持ちの良い休日

JUSTブログ

f:id:saomcd:20170224080921j:image

Viento Y Agua Coffeehouse and Gallery https://www.yelp.com/biz/viento-y-agua-coffeehouse-and-gallery-long-beach?utm_source=ishare&utm_medium=s_nb_i_mg

ロングビーチのおしゃれストリート4th streetにあるカフェ。

バスで通って気になっていてyelpで検索したら評価も高いし来てみました。

 

今のところ、Best Cafeです。

 

雰囲気も光の入り方も音楽もとにかくタイプ。

yelpでみんながオススメしていたKiller Tomato Sandwichは、そんなにベーグルファンではないわたしもうなるおいしさ。

 

そしてお目当てのメキシカンモカとチャイ。

長居したのでどちらも頂きましたが、めちゃくちゃおいしい。

 

特にチャイ。

どうしたらこんなクリーミーで濃厚なんだというオリジナリティ。

スパイシーなチャイがすきな人にはまろやかすぎるかもしれませんが、おいしいです。

 

ロングビーチには気になるカフェやレストランがありすぎて、引き続きexplorするのがたのしみです。

 

昨夜、オーナーに2 weeks noticeしました。

2 weeks noticeとは仕事を辞める時にどんな事情だろうと2週間前に伝えればよいというアメリカの習慣です。

 

私の働くレストランは、わたしがスタートする2週間前にオーナーシフトが変わり店名も変えてリニューアルというか心機一転したばかり。

といってもオーナーもスタッフもほぼ前と変わらず、小規模チェーン店から今のオーナーが買い取ったようなかたち。

 

だからわたしはラッキーにもタイミングが合いフルタイムで即採用されたわけです。

 

でも週末以外は店がひますぎて潰れるんじゃないかというほどで、オーナーやボス的な存在のマネジメント力がぐだぐだ。

人として、なってないんです。。

なにがどうひどいのかは長くなってしまうので控えますが、

最近はみんながクローズするんじゃないかとか、今までもみんなボスに耐えられず辞めて行くとか、とにかく思ってることはおなじ。

シェフですら、独立する店舗を実は探していたりバイトの子が先週当日に辞めたり他の子も辞める計画をたてて他の仕事ゲットしたり探したりしているところという。。

 

英語も弱くServer経験も浅いのにフルタイムで雇ってもらい1カ月半で去るというのは当初心苦しかったですが、1カ月ここにいて色んなことが見えて、売上より経費が断然上回わっているのもわかり、わたしが辞めても全然人手足りるし経費が浮くとおもうと、辞めることに対してとても気が楽になりました。💦

まさにオーナー達が経費や運営の立て直しの話し合いをしてるときだったので、案外あっさり受け入れられ、むしろありがとうなかんじでした。笑

 

1ヶ月の間、渡米してすぐにアメリカでフルタイムでしかもおしゃれエリアでServerの仕事ができたことは本当にありがたく、お金を稼げて仲間もできて英語環境に慣れる機会にもなり本当に感謝です。

 

スタッフみんなが不満をかかえる店という問題有りなレストランですが、わたしの人生経験をさらに豊かにしてくれました。

オーナー&ボス以外はみんな本当に良いひとたち。

今度1番好きな超easy goingな女の子とゴハンに行くことになりそれもたのしみ。

あと2週間、ゆるくのりきります!

 

そして新しい仕事までは、休日をうんと満喫する!

にほんブログ村