Life is a journey いま、私がおもうこと。

英語ビギナーだったわたしがワーホリ、バックパッカー、アメリカ人と国際結婚、アメリカL.A.へ移住。【現在アメリカ永住権の申請中。】

Long Beachで1番のPho

日曜にロングビーチで1番人気のPhoの店に行ってきました。

 

Phnom Penh Noodle Shack

yelpのリンク→https://m.yelp.com/biz/phnom-penh-noodle-shack-long-beach

f:id:saomcd:20171018093104j:image

12:30というランチタイムど真ん中に行ってしまい、1時間待ちでした!!

週末はいつも行列。

 

こちら、ロングビーチカンボジアタウンにあります。

 

うちからビーチとは逆方向に歩いて10分ほど向かうとカンボジアタウンに入るのですが、カンボジアタウンにはタイ、カンボジアベトナム系の店がたくさん。

 

オシャレな店よりローカルで安いお店がほとんど。

 

わたしがレストランで働いていたときの唯一の友達がカンボジア系アメリカ人で、彼がフォーはここが1番と教えてくれてからyelpをブックマークしたままでした。

ほらやっぱり、現地のひとがおいしいと思うものが1番本格的じゃないですか。

 

ロングビーチはオシャレな店が多いぶん、各国料理はカリフォルニアフュージョンとなった店が多いので。

 

新しいレストランやカフェをチェックするのがだいすきなわたし達夫婦ですが、なかなかカンボジアタウンでのレストラン開拓が進まないのは、

カンボジアタウンのレストランは朝早くオープンして3時とか遅くても6時には閉まっちゃうんです!!

…ディナーやる気ゼロ。

 

なのでなかなか行く機会がなく。

 

ようやく行けました!

 

f:id:saomcd:20171018094023j:image

まずこちら、チャイニーズドーナツが99セント。

これをスープにつけて食べるのがおいしい食べ方。

Yelpではみんな必ずすすめていて、実際店内どのテーブルも山盛りに頼んでいました。

味はシンプルな揚げパンみたい。

たしかにスープにつけたらめちゃくちゃおいしくなりました。

f:id:saomcd:20171018094621p:image

このミートパイも必ずみんな頼む大人気のサイドですが、わたしたちの時間は完売でした(泣)

 

フォーはS M Lとサイズが選べて、いくつか種類があり$4.9から頂けます。

Lでも$8くらいです!!

お粥もフォーに並んで人気メニュー。

f:id:saomcd:20171018094814j:image

↑注文イメージ^ ^

 

わたしはポーク&シュリンプのハウススペシャル。(この店の定番メニュー)

f:id:saomcd:20171018094955j:image

テイクアウトもしていますが、イートインだとポークボーン入りのスープを無料で別にして提供してくれるんです!

(テイクアウトだと2ドル別に払うとのこと)

ウエイターのお兄さんいわく、スープ入りでサーブできるけど、別にして骨入りでもサーブできてそのほうがおいしいしお得だよと教えてくれました。

 

スープともやし投入!

f:id:saomcd:20171018095014j:image

カンボジアのオリジナルホットソースで後から味を調整。

もちろんナンプラーやチリソース、スリラチャソース、ハラペーニョなどなどテーブルにスタンバイしてます。

 

フォーの良さは、スープの味をじぶん好みにカスタマイズできて味をどんどん変えれるので飽きずにたのしめることですよね!

 

そしてこのスープ、ほんとにおいしい!!

フォーは好きなので他の店にも何度か行ってますが、お店のこだわりがわかる味!

先日別のカンボジアタウン内のPhoの店に行きましたが、そこもおいしいけどそんなに格別な味ではなかったんですよね。。

 

フォーというとベトナムですが、カンボジアフードでもあるんです。

カンボジア系友達いわく、【カンボジア料理とはタイとベトナムを混ぜたもの。】だそうで。笑

スープはたしかにタイのヌードルのスープに近い味でした。

 

満腹でわたしMサイズDavidはLでドーナツ付きで2人で$16!!

 

ロングビーチにお越しの際はあえてのカンボジアタウンを楽しんでみるのもありですよ〜!

ちなみにわたしはこのエリアにあるカンボジアンスーパーでいつも調味料を安く仕入れています☆

f:id:saomcd:20171018100107p:image

ちなみに一軒家を改装したような造りでイメージよりかなり小綺麗なお店です。

 

待つかいは、あり!

にほんブログ村

ブログ開設1年経過

f:id:saomcd:20171009235923j:image

今日でこのブログを開設して1年経過の通知がきました。

 

さいきんはまったくPCを開いていなくもっぱらスマホのアプリからブログを更新しているため、1日/1週間のアクセス数チャートがみれるくらいで具体的なアクセスに関する詳細をまったく見ていませんでした。。

 

この1年で書いた記事→165記事

 

12ヶ月で単純にわると1ヶ月→13.75回

 

365日÷165記事→2.21..回

 

だいたい2、3日に一回ペース。

最初の半年は毎日書いてみようとがんばっていたところから、ここ半年は平均して週1回くらいとかかなりばらばらに。

 

ブログ自体がほんとうに初心者でスタートしたので、この1年、ただとにかく書いてみるにこだわっていました。

このブログが有益か?シェアしたい感情か?などあまり考えず、タイトルのとおり、今、わたしがおもうことにまかせて更新。

 

正直ブログをはじめるときは、1年後くらいには、はてなブログProかWordPressに切り替えてGoogleアドセンスを設置して、

ブログをはじめるまえに調べていたようなイメージのブログ運営ができたらなんて思っていたのですが、

このめんどくさがりでマメになれない性格のためふつうにブログを更新して1年経っていました。笑

あのやる気はどこへ…?ʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

 

そしてこれを機に今日からあらたにブログお引越し♡というわけでもありません。

…しないんかい!笑

 やるときはやる。うん。そのとき。

 

この1年、自分のためのブログを書いていたなーと思っています。

 

いつもだらだら長いし、アプリからだといじれないのでカラーとか太文字とか使えないからぜんぜん読みやすくない…!

 

でも、こんな一方通行な日記みたいなブログでも読んでくださる方がいたりあたたかいコメントをくださる方がいて、

見守ってくださったり共感してもらえるのはとってもうれしいです!

 

こんなわたしのブログですが、いつも読んで頂き、ほんとうにありがとうございます!!ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

 

今後は自分のためでなく、少しでも人の役に立てるようなブログにしていきたいとおもいます。

…でも、思うことや感情を出していくブログもふつうに書きます〜

ブログタイトルですしね。。!笑

 

忙しい疲れている気が乗らないとか、ついついブログをがんばらない理由をさがしてしまうので

どんなブログを書いて、

読んでもらって何かを思ってもらえるのか、

何かを得てもらえるのか、

ちょっとだけ時間をとって考えてみたいとおもいます。

 

1年前のブログをはじめたときにはまだCR1ビザ申請中で、

ほんとにアメリカに行けるのか

アメリカライフがどんなものになるのか

いまの自分なんてぜんぜん想像もつかないところにいました。

 

ブログを辿ると、落ちこんだりしながらもいつもちゃんと前に進んでるんだな〜とおもえます。

ときどきブログを読ませてもらっている方たちも、いつも前に進んでいます。

ぜんぜんコメントなど残さずすいません。。m(__)m

勝手に皆さんのブログで良いシゲキをもらっていたりします。

ありがとうございます。

 

国際恋愛、国際結婚されているかた、これから渡米されるかたや海外に興味があるかたの、なにかお役にたてたりこんな暮らしかたもあるのねとそのときのあなたのなにかヒントになれたらうれしいです。

 

今後ともどうぞよろしくお願いします!

 

にほんブログ村

旦那を知る。

昨日はDavidが、大学で1年生に英語を教えているインターン仲間との、はじめて外で集まって飲みながらちょっとミーティングをするという企画をしていました。

 

たまたま時間までにわたしの仕事帰りとほんのちょっと時間が合ったので、

先に一杯だけ2人で近くの店でhappy hourをたのしみ、せっかくだから挨拶だけと見送りつつ顔を出してみました。

 

Hi〜ワイフですーじゃあ!!

と帰ろうとおもいましたが、まだミーティングモードでなく世間話タイムな感じだったため10分ほど座っておじゃましました。

 

あんまり大学での話をまじめに聞いてないわたしですが(笑)メンバーの名前はなんとなくそれぞれ聞いてたので、

あーこのひとね!思ってたよりこんなかんじなのね!こんな仲間もいるんだね!と、やっぱり短い時間でも顔をみて少しの会話をするだけで、すごくイメージがわくし、これからDavidがする話にも親近感がわきそうなかんじがします。

 

4人のguysに会って、そのうち3人は日本に来たことがあって、日本にまた行きたいよとみんな言ってくれるので居心地もよかったです。笑

 

人見知りですが、短い時間だけならがんばれるわたし。

Davidのワイフとして明るい笑顔の奥さんができたのではないでしょうか。。ε-(´∀`; )

 

Davidの大学院生活や仕事に関してほんとに彼任せというか、あんまり話をきかないわたし。

でも、彼はやっぱり聞いてほしい、知ってほしいみたいです。

ふと、saoは僕の今週を知らないでしょって言われて、大学で今日何を教えたとか何を学んだとか。。って。

 

そりゃそうですよね。

 

わたしの愚痴は聞いてもらうのに、彼の話に耳を傾けないのはフェアじゃないし、彼にもっと興味をもたないと!笑

 

Davidがいつも優しすぎて一緒にいて何も話さなくてもとってもしあわせだけど、彼の努力や孤独ももっと見てあげなきゃだめだなーと思いました。

 

そして彼の大学生活に関わるひとたちに会えて、紹介してもらえてうれしかったです。(^^)

f:id:saomcd:20171008122110j:image

先週たまたま大学の近くに来たので、紹介された校内オフィスのデスク。

じつはわたしの反応がわりと薄くて、もっと、すごい!とか褒めてほしかったみたいです、、反省。

 

 

英文学には相変わらず1ミリも興味がないわたしですが(笑)わたしが仕事中のDavidの生活をもっとこちらから聞いていこう!

知ってるようで意外と知らない旦那ライフ。

 

にほんブログ村

アメリカのスタバ限定クッキーがかわいい

どぎついカラーです。

アメリカです。

f:id:saomcd:20171003082837j:image

これは10/1にコーヒー買うついでに見つけて即買い。

バターシュガークッキー$2です。

ふつうにおいしい。

f:id:saomcd:20171003083124j:image

こちらスタバ公式サイトより。

秋のシーズナルクッキー。

 

スタバに行ってもブラックかラテしか頼まないのでシーズンものにはまったく手を出さないわたし。

 

でも、このseasonal cookiesには目がないわたし。

 

ぶさカワ代表みたいな、買わなくては!!と思わせてくれるシーズン限定クッキー。

 

日本でもよくスタバに行ってましたが、見たことないので、アメリカ限定かとおもいます。

 

特にメキシカンスカルがだいすきなわたしはテンション一気に上がりました。

Day of the Dead(死者の日)メキシコのお盆。もうハロウィンシーズンですね!

 

夏にはf:id:saomcd:20171003084914j:imageOctopus cookie

f:id:saomcd:20171003085005j:image

秋のはじまりにはFox cookie

これ、カエルなのかと最初おもいました。。

f:id:saomcd:20171003085133j:image

f:id:saomcd:20171003085155j:imagef:id:saomcd:20171003085203j:image

こんなかんじで各シーズンごとに毎年限定クッキー。

 

気になってググッたところ、2015 winter holidayシーズンがネットで騒がれていました。

f:id:saomcd:20171003085447j:image

ホワイトベアーが血まみれ。。と。

赤いマフラーのつもりだったのでしょうが、首から血を流している…!!とネットで広まりかなり記事になっていました。

どうやらホリデーシーズン限定マグカップがいつもはスノーフレークやデザインが描かれているのに、この2015はただの真っ赤なカップだったそうで、"war on Christmas"とネット上で言われてしまったようです。。

 

そういえばカリフォルニアディズニーランドで限定品。

f:id:saomcd:20171003091658j:image

ミッキーバージョン!

ディズニーファンでなくともかわいさについ買ってしまうのはディズニー&スタバマジック。

4ドルくらいしたような。。

 

 

今年の冬はどんなアイシングクッキーが出てくるのか、今から楽しみです☆

 

にほんブログ村

旦那の優しさ。愛。

やっぱりDavidが旦那でしあわせものだな〜とつくづく感じた週末でした。

 

やらかしておきながら、のろけブログを書きます。

 

前回書いた金曜のgirls nightで、やらかしましたわたし。

やらかし度合いは、人生でお酒を飲みはじめてから1番高かったです。笑

  f:id:saomcd:20171003032252j:image

こちら二軒目でワインを飲みながら1分で仕上げたラクガキ。

絵を描くことがまったくないわたしなので文字でスペースをごまかす。

 

ワインBarをはしごして、CがビリヤードやりたいというのでBarへ。

このときすでに2人とも酔っぱらい。

そんなに飲んでないけど、疲れがたまっていたからか一杯目から酔いがまわっていたのは気づいていました。

でも、まだほろ酔いの楽しい酔い方なかんじでした。

 

もっと楽しくなりたい気分から、ショットを注入。

からのまたお酒を続ける。

Cにビリヤードを教わりながらめちゃくちゃたのしかったのはいつまでだったか。。途中から記憶はない。

 

Davidを呼んでいて助けてもらいましたが、呼んだメールも翌日みたらわけわからないテキストのやりとり。笑

というか楽しんでるよーとメールしながらどんどん会話にならなくなるメールをみて、行ったほうがいいなと察してくれてきてくれました。

 

Davidはせっかくのgirls nightだから邪魔したくなかったらしく遠くから見守っていたよう。

 

来たのは見えて知っていましたが、話した記憶はありません。笑

 

そこからわたしの記憶は1ミリもないです。

 

まさに、目覚めたら家のソファにいたっていうやつです。

 

飲みすぎて記憶途中ないことはたま〜にありますが、一部だけで最後は覚えてるとか、記憶あいまいだけど音は聞こえていたとか、やらかしながらもこんなことしちゃったとかなんとなーく覚えてはいるんです。

 

でも、今回は、本当にまったく記憶にございません!

 

それに、Davidはわたしがソファでひとりで寝るのを嫌がるのでなんでソファなんだろう。。と寝室に行くとシーツがない。ピローケースもない。

いろいろと散乱。

とりあえず察する。

 

朝聞いたところ、DavidとCでわたしを担いで家まで帰ってきたと。

 

そしてその道中はわたしがいくつも印を残してきたと、、

帰宅後も続いたと。。

 

救急車呼ぶかとも思ったというほど、完全にblack outしたようです。

ビリヤードやりながらも立てなくなり何度も転んでわけわからない動きをしていたらしいです。。

酔っぱらいモードから意識なくすモードになり、動かなくなり意識ないからめちゃくちゃ重かったと。。

寝てるというより呼吸してるか?!確認な感じ。

 

Davidに背負われ、日本語でも英語でももはやなかったらしい言語ではない言語を時に発しながら、降ろしてもらい出すものは出しまくってDavidにも被害を出しながらのそれは、操り人形みたいに自分で体を支えられないし無重力状態がひどかったそう。。

 

でも朝起きたらシーツも服も洗濯してくれていて、わたしが出したものも片付けてくれていて、飲みものを持ってきてくれてひたすら寝かせてくれました。

 

頭痛と気持ち悪さと戦い1日中寝ました。

起きるたび良くなってきて、彼が優しすぎて。。

 

そして手紙が置いてあるのに気づきました。

昔はよく手紙を書いてくれるDavidでしたが最近手紙書いてないねという話をしていたのですが、まさかこのタイミングで?

 

なんと大惨事後のわたしを寝かせてから夜中に書いてくれていました。

 

Saoriがたくさん途中写真を送ってくれたから楽しんでいたのがわかって嬉しかったよと。

さいきんわたしが仕事でストレスmaxだったので、楽しめて良かったねと。

 

そして僕が君をどれだけ愛していて大事に思っているか、いつもわかっていてほしい。

君が君でいてくれていることが何よりもしあわせだよと言ってくれるひと。

 

きっとたくさん寝てゆっくりな週末になるだろうけど、一緒に過ごせる週末を楽しみにしてる。

 

。。。

 

 

もう、神さま仏さま。

 

甘やかされて妻をやっています。

 

f:id:saomcd:20171003035635j:image 

うん。楽しそうわたし達。

 

にほんブログ村

アメリカに自分の双子がいた!

職場はFree seating。

ずらっと並ぶデスクの列。

出勤したら空いてるデスクに荷物をもってきて1日そこに座ります。

 

先日たまたま隣になったC。

アメリカ人ですが日本人とアメリカ人のハーフでアメリカ育ちで親とも英語なので基本は英語オンリー。

ハーフと聞いておどろくほど外見も性格も日本の要素がみえないお人形さんみたいなかわいこちゃん。

 

Hiくらいしからあまり話したことなかったのですが、隣だったのでなにかのきっかけで話してたらmy husband..と言い出したので、え?結婚してるの?となり。。

 

C: Yes. We just celebrated our 3rd anniversary.

 

私:結婚してたの?若いのに3年目?あらー

 

C: How old do I look? What do you think?

と聞かれたので、

んー27?←もっと若いかとおもと思ってたのだけど。

 

C: Oh you are mean! I am 22!

 

あら。失礼!そんなに若かったのね(^^;

 

C: Just kidding. Actually I'm 31.

 

あら。ほんとに?見えないけど同い年かしら?でもわたし早生まれだからたぶん年下ね。

 

私: I am 31 too! But I'll be 32 in January.

 

。。。

 

C: ...January when??

 

私:January 21stよん。

 

。。。

C: Are you kidding me?! Mine too! January 21st 1986!

 

私: まじでー?!?!

IDを見せ合う。

 

2人:きゃー!!!!!!

 

突然の偶然に震える。笑

 

 

C: 同じ誕生日はあっても同い年同じ誕生日はあなたが初めてよ!

双子みつけたわ!!!

パーティーしなきゃ!!!

 

 

結婚3年と結婚2周年をもうすぐむかえる私たちともに子なしで、まさかの親近感。

 

さらに偶然は、アパートが歩いて5分内の1 block先的な超近所。

 

職場でロングビーチからきてる人少ないなかで、まさかの近所。

 

もう、びっくり。

 

 

これは先週の木曜に発覚し、土曜の昼間にDavidと話していて、ためしにDinnerに誘ったらOKということでその日に夫婦でSushiを食べに行ってきました。

f:id:saomcd:20170930100452j:image

 

ぜんぜんお互いのこと知らないままいきなりのゴハン。

Cは意見がはっきりしていて、超talkative。

旦那さんはおっとり系でCをうまくたててるかんじ。

 

私たち夫婦もしかり、夫婦はバランスだなーとあらためて思います。

 

夫婦でつきあっていけそうな、なんだか気が楽にたのしめる感じがしたので、なかなかそういうフィーリングがないわたしなのでうれしい!

 

そしてわたしが昨日職場でついにストレスに耐えられずうっかり涙しまして、またも先週以来ぶりにたまたまCが隣に座っていて、ハグと、We should go get drink!と。

 

。。さいきんいやーなお客さんに当たりすぎていまして。

 

 

というわけで、Happy Friday!!!!!!!!!!!!!!

 

今週もよーーーくのりきりました!

いまからCとロングビーチでワインGirls nightしに行ってきます! 

 

にほんブログ村

アポから1人でのりきったアメリカで病院の初診

わたしの医療保険では病院での診察はまず主治医を介してそこから必要な専門医を紹介してもらうというもの。

HMOです。 

会社からPPOとHMOどちらか選んで加入できるのですが、自己負担額や診察にかかる金額などが違うため、わたしたち夫婦には今のところHMOで十分だねと調べた結果、決めました。

アメリカの保険制度、むずかしいです!

 

救急で見てほしいときはどちらにしろネットワーク内のUgent careを使うので、急ぎじゃないことは主治医に会わないとというのはそんなにネックではないかなと。

とりあえず年に1回健康診断は無料。

そしてわたしは持病とまでいかないけど、日本で処方されていた薬が実はすでに切れていて、処方箋を書いてもらえれば薬局でもらえるのでそれがほしくて初診に行ってきました。

といっても主治医にまず会ってから、わたしが必要な医師を紹介してもらう流れになるのですが。

f:id:saomcd:20170923052229j:image

最初は主治医が決められていたのですが、遠かったので近くの主治医に変えてもらいました。

家から10分くらい。

病院やクリニックが並ぶストリートがあるのは知りませんでした。

わたしの病院はけっこう大きくてびっくり。

 

初診の予約は1カ月前に自分で電話をしてとりました。ドキドキでした。

電話をとるのが仕事ですが、かけるのはほんとうに苦手。

ちゃんと通じるのか、、不安ですよね。

でも最近はDavidに頼りすぎないと決めているので、1人でできるもんモードでがんばりました。笑

 

なにしろアメリカの病院に行ったことないし、予約するとかシステムも日本とぜんぜん違うし保険の種類とか聞かれるのとかもとにかく未知。

電話はいつもDavidまかせにしてたので、1人でやりきった小さな達成感.。.:*☆

無事に予約がとれたので仕事は半日sick leaveを使って行ってきました。

←カリフォルニアはsick leaveが法律で決められていて、体調不良以外にも歯医者や病院のアポでも時間単位で有給で休めます。

(わたしの会社は半年毎に3日のsick leaveがつきます。自分だけでなく家族のためにでも3日休めるまたは1時間単位で細かく分けて使えます。)

 

病院について中に入るとロビーは無人で閑散としていて暖かく迎えてはくれません。笑

イメージと違う!!

f:id:saomcd:20170923052337j:image

各階、各部屋に医師がいて、そこを直接尋ねる仕組みのよう。

医師の名前と部屋の番号がずらり。

何階とか聞いてなかったのでどこに行けばいいのかあわてて電話をかけました。

f:id:saomcd:20170923052246j:image

9階に上がると、、え?これ病院??

オフィスみたいです。。

ドア開かない。まわりのひとにどうやって入るのか聞いたらアポの時間はとっくにすぎてるのに先生が来ないのよ!!とブチギレモード。

。。あれ?でもいま電話したらふつうに案内されたのにな。。

f:id:saomcd:20170923052259j:image

数分後にブチギレたおばちゃんがドアを叩いて叫んだらドアが開きました。

看護師「ずっと開いてたわよ!ドアをおもいっきり押すのよ!」

 

え。。笑

 

待たされてると勘違いした患者たちが聞きつけてロビーから上がってきて、結局わたしは順番を待たされて予定より1時間待ってからの診察になりました。(^^;

たぶんほんとなら予約時間通りに見てもらえたんですが。

f:id:saomcd:20170923052302j:image

ドアの中は小さな診療所みたいなつくり。

f:id:saomcd:20170923052317j:image

見てください。

この雑なプリントアウト。

まがりまくっています。笑笑

初診なので問診票など数枚に記入。

英語もよくわかんないし、ああDavidがいたらなーなんて思いながらも乗りきる。

 

診察はまず血圧、体温をパパっと測り身長体重は聞かれたのを記入されました。

先生は女の人ですごく優しいひとでした!安心。

簡単にいくつか問診を受け、今回なぜ来たのか聞かれたので、日本で渡米前に英文で医師にお願いして書いてもらってきたわたしが以前受けた手術の内容と薬の案内が書かれた紹介状を渡して説明。

聴診器をあてられ終了。

 

健康診断用の血液検査は別の機関で受けるよう案内されまた2カ月後に来てねと。←なぜまた先生に会うのか正直よくわからなかったけど、たぶん初診の結果とか。。?? 

 

で、わたしが必要な薬の処方のために会わないといけない専門医はまた後日主治医が紹介状を書いて送るとのこと。

 

なんだか流れがまったくよくわからないので、確認と質問もしましたが、ちょっと不安で、まあでもDavidに後でフォローしてもらおう!と。

 

看護師から血液検査の病院もわたしの保険のネットワーク内で案内してもらい、2カ月後の診察予約をしておわり。

お金は払わず終わったので、念のため聞いてみると、あなたの保険だと。。とチェックするも、もうシステムが閉まっちゃったすぐらまた確認しとくわ!

週明け月曜に詳細また電話するわね!と言われたけど今週電話は来ませんでした。笑

 

自分で保険確認したらたぶん初診=健康診断てことで無料なのかな??

診察にかかるco-payは$25なんだけど、今回は良かったのかな?なんだこのあいまいさ。笑

 

とりあえず目的の紹介状が来週になっても案内なかったら電話してみます。

 

いやーアメリカの病院よくわかんない!

でもこれも経験。

自分のことは自分で把握したいから、1人でやれるだけやってみます。

 

ちなみに主治医はネットから変更もできるし、さいきんのHMOはネットワークがかなり広くなったようで不便さが昔よりかなりなくなり、どんな手術や入院をしてもとにかく1回にかかる費用はいくらと決まっているのが良いと思いました。しかも安い。

その費用は、会社を通して加入しているとその会社がどんなプランを出しているかで変わります。

月々の保険料も、プランと会社の負担額によるわけです。

わたしのプランは会社がかなりサポートしているので、ふつうに入ったら1人月々$400近くするのですが夫婦2人でなんと月々$90くらいです。

アメリカのありえない高額医療費、保険。わたしたち夫婦ならそんな高額毎月払ってられないので、ふつうなら入れません。

わたしがお世話になっている美容師さんは保険はベネフィットがないから自分たちで入っていて夫婦と子供1人で毎月$800払ってるといっていました。Σ(゚д゚lll)

仕事を決める理由に会社がどんなベネフィットを出しているのかで決めるとも言われるアメリカ。

 

さいきん仕事がストレスmaxでしたが、Davidが仕事で保険もらえるようになるまでは辞められないですね〜。。

 

病院その後についてもまた書きたいとおもいます。

 

にほんブログ村