Life is a journey いま、私がおもうこと。

英語ビギナーだったわたしがワーホリ、バックパッカー、アメリカ人と国際結婚、アメリカL.A.へ移住。【現在アメリカ永住権の申請中。】

おじちゃんの話。バスもわるくない。

f:id:saomcd:20170919112442j:image

通勤の帰り道のバスで隣に座ってきたおっちゃんに、「このバスは○○に行くかい?」と聞かれ、いかないよーこれはダウンタウンロングビーチが終点だよー行くなら終点から何番バスに乗れば行けるよーと教えてあげました。

 

車社会で誰よりもバスを乗りつくしているわたしです。

 

そんなおじちゃん、

1年前にフロリダから越してきたんだけどこの辺りは大好きさと話し出したので普段はあまりノらない知らないひととのバスの会話にノって、わたしは日本から来て8カ月よと。

 

こないだも書いたとおり、わたしは最近ストレスがマックス。

今日は月曜というのにピークを迎えた並みにストレスを感じていて、昨夜はゾンビから逃げる夢をみるわ仕事の電話をとるたびに胃が痛くて、あーもうムリ!ってなってました。

 

幸い途中で女子の日になり、ああ。だからどうしようもなく鬱々してたのか。。と納得できましたが、それにしてもイライラしていました。

ヨガに行くつもりが生理痛だしキャンセルしてさらに鬱々。

 

おじちゃんに話を戻すと、僕はミリタリーでアメリカ国内もイラクもドイツもあちこち行っていろいろ経て、僕はブディストになったんだよなんて話。

わたしが日本人と言ったから=仏教!となった様子。

 

宗教の話になるとうわーとなるところだけど、わたしは別に宗教は特に信仰してないけど、ヨガを練習しているから仏教というかなんだろうね〜なんて言ってみたら、僕もやっているよ〜なんてなり、

I like the way..First, love yourself.

How come you can love other people if you don't love yourself, right? You are the most important to be who you are. That's why you can love people.

みたいなことをさらっと言う。

Buddhism is self-love. Buddha teaches that you love the self before extending the love to others.

アメリカ人はキリスト教ばかりな国だけどさ!いや〜仏教の教えは良いよな!

愉快なおじちゃん。

 

ちょっと何もかもが嫌になりそうな自暴自棄エナジーなわたしだったので、ちょこっと交わした会話でなんだか我に帰れました。

 

そして最後に。。

 

おじちゃんのタトゥーの中に『和』と『恋』が各腕に。。

日本語だね〜と言うと得意げに、これはPeaceだろ?こっちは。。

わたしはすかさずloveだね!って言っておきました。

本人は恋と愛の違いは知らなそうだったので。

すんごいゴツい体に、恋って。

←漢字タトゥーあるあるですよね。おしい!な、漢字をまとう人たち。笑

 

愛と平和を刻むおじちゃんにちょっとだけ気が和み、帰ったらこれが。

f:id:saomcd:20170919114603j:image

職場出て即効Davidに電話してヨガ行かない。帰る。あーもうムリ!夕飯も作りたくない。って言ったら何が食べたい?って聞かれたから、サラダ!チキンサラダ!アボカドとトマトとオニオンにスピニッチとレタスのサラダ!ポヨロコ(チキンサラダがおいしいファーストフード店)みたいなサラダ!ってかなり細かくリクエストしたらチキンをスチームするところから作ってくれていました。

 

まさにリクエストのイメージ通り。。

いや、期待を上回るレストランのサラダみたいなゴージャス感。

アボカドのカットがキレイすぎてびっくり。Davidやればできるじゃん〜♡

 

明日からは気持ちを切り替えていこうと思えた夜。

 

自分を大事に労わってあげましょう。

自分をたくさん褒めてあげましょう。

 

目の前のことでほんとに簡単に忘れちゃうから。

だけど自分を大事にすることが、大切なひとを大事にできることになる。

 

旦那に毎日大事にされていてたくさん愛を伝えてもらっているのに、もっと素直にハッピーオーラ全開でいかないなんて、自分で自分を暗くしてちゃダメですねー。

Davidはここ数週間、家で無口すぎるわたしを心配しています。

 

にほんブログ村

6年前から使っている無料の英語アプリ

f:id:saomcd:20170915090554j:image

入社から早くも半年。

半年経過したらもらえる新たなベネフィットも増えました。

 

正直さいきんは仕事が増え、それにより日々かなりストレスを感じています。

 

カスタマーサービス

仕事は仕事!とわりきるしかないのがこの仕事。わたしはそう思っている。

喜ばれることもクレーム対応も

 

保険や会社のベネフィットのために10年20年と働いているひとがなんとも多い職場なんですが、わたしはいつまでお世話になるのかなー。

 

とは言え皆さん慣れていくようです。

たしかに半年でアメリカ人相手にできないもんはできないとはっきり言えるようになってきましたが。。

助けたり、喜ばれたり、理不尽に怒られたり、永延と不満を聞かされるのも対応ごとにめまぐるしくドラマがあります。笑

いつかわたしの仕事内容についても書けたらいいなと思います。

 

同じ仕事を10年とか、自分には考えられないので、いままで転職を何度かしています。

 

でも、次にやりたい仕事というのは特にまだぜんぜん見えていません。

 

自分が数年後にどこにいるのか、旦那の仕事がどうなるのか、家族は増えているのか、まったく未知。

 

それに加えて最近の災害つづき。

保証された安定なんてないですよね。

 

アメリカに来て、実は英語の勉強を一切やっていませんでした。

テキストも持ってこなかったし、洋書読むとか単語アプリをやるでもなにもしていません。

 

アメリカに来る前には仕事ができるようにと苦手すぎる勉強を、毎日コツコツしていたのに、ほんとにこの渡米してきてからの8カ月はただ仕事や生活に必要だから英語を話しているだけで、なにもimproveはしてないなーっと。

 

また少〜しづつだけど、単語とスピーキングを伸ばすために小さな努力をしようと思い2日前から約30分のちょっとした音読をはじめました。

f:id:saomcd:20170915102118p:image

アプリのリンクがうまくいかなかったのでスクリーンショット(^_^;)

http://www.bbc.co.uk/learningenglish/

こちらはBBC learning Englishのwebサイト。

このBBC Learning Englishの無料アプリをダウンロードして使っています。

ちなみにアプリと同じ内容のweb版はhttp://www.bbc.co.uk/learningenglish/persian/features/6-minute-english

 

毎トピックたったの6分で、さらに会話ベースなので楽しいし、わたしはTED Talkとかぜんぜんダメなひとなので、ちょっとした豆知識みたいなのも合わせて学べるし、Neilというナビゲーターがゆるくて好きな声でわたしは特に好きです。

 

実は6年前にワーホリから帰ってきたときに英語のブラッシュアップにと日本でもアプリで電車に乗ってる時間に聞いていました。

まったく聞かない数年間もありましたが、やっぱりコレがわたしには合うみたいです。

6minute English というのが本当に隙間時間にぴったり。

 

しかも、数年使用してないあいだに改良されていて字幕?が付いて話しているところが黄色くなり、シャドーイングや音読ができるようになりました。

アップグレートしたらもっと機能が良いらしいのですが、わたしは無料ので十分。

 

もし気になったらためしにダウンロードして使ってみてください。

ちなみにめちゃくちゃイギリス英語です。

 

教材とか買おうかなと思ったけどどうせやらないし、オンラインレッスンとかお金かけるのもなーとおもってたので、まずは小さなことを毎日続けることから始めます。

本当に3日坊主なので、これが続くのか。。??笑

でもいつか勉強しよう。はいつまでたっても始まらないのでとりあえずやる!

 

音読は地味だけど4技能を伸ばすのに1番効果の高いものです。

アメリカに住んでいても勉強しないかぎりには、学ぼうとしないかぎりには、英語がうまくなるということはそうそうありません。

せいぜい今の自分の英語力キープなだけです。

 

それでもなんとかなっちゃうから、まあいっかでよくないんですよね。

リスニングは良いのですがとにかく自分の文法と発音があいかわらずてきとうすぎてひどい。笑

 

上達を感じてきたらまた報告します(^-^

 

にほんブログ村

やる気スイッチ押してみる。

f:id:saomcd:20170912103758j:image

3週間もブログから離れてしまいました。

さいきんはモヤっとした気持ちになることが多く、それも含めて書けることはいくらでもありましたがなんだかネガティヴ感が出てしまうのがイヤで放置。

 

たのしい時間もたくさんありましたが、やっぱり空けてしまうとなにから書いていいのか。。

 

というわけで、とりあえず今日はただの書き出し!

 

やる気がでないときはとりあえずやりだすことが1番のやる気スイッチというのを何かで見ました。

どうしようかなーとおもってから人は5秒経つとやらない理由を考えはじめるという脳科学

 

いろいろとやる気スイッチが入らないさいきんのわたし。

自分のスイッチは自分でしか入れられないのだ。

 

ポチっと!

 

いまからヨガで無心になってリセットしてきます☆

 

アメリカに来て、日常とはまた別の、自分がラクになれる場所があることがしあわせにおもいます。

 

ここに来たら落ち着く。とか、これを見たら元気が出る。とか、これ食べたらしあわせ。とか、なにか自分がハッピーになれる時間って大切ですよね。

 

自分のことを労わって、愛してあげないで他人、特に1番自分よりいつも目に見えるパートナーに感謝と愛情をしっかり伝えるのはむずかしい。

 

だから自分のことを否定しない。

そして人に優しく。ʕ•ᴥ•ʔ

 

やっぱりサクっと書いてみたらなんだかまたブログを書きたくなってきました。

 

にほんブログ村

ついに、泳ぎました。

土曜日、起きたらDavidのお姉さんファミリーが思いつきでサンディエゴのSea Worldにアリゾナから車で来ていると連絡がありました。

 

Davidラブなお姉さんは結局その後サンディエゴからロングビーチまで来てくれました。

みんな長旅で疲れきっていたのでうちの家で夕ご飯。

 

翌日はみんなでHuntington Beachで遊ぼうということで解散。

f:id:saomcd:20170822094447j:image

初、カリフォルニアの海にざぶん!

奥にはサーファー。

サーファーの聖地なだけあり高波とすごい勢い。

 

海は肌寒いし水は冷たいしずっと躊躇してたけど、もう早くも気温が下がってきて秋がはじまりだしたからね。。いましかない!と。

 f:id:saomcd:20170822094830j:image

日差しは暑いのに、とにかく強風で、最高気温23℃とかかなり低いので鳥肌立ちながらでした。笑笑

 

水は思ったより冷たくなくなってたけど、風が寒すぎてちょっと波で遊んだらもうアウト。

高波に飲み込まれました〜

 

姪っ子甥っ子はめちゃくちゃ楽しんでました。

わたしは子どもがかなり苦手なんですが(^^;) この姪っ子がとにかく懐っこくてかわいい。

2年前に初めて会ったときからペターっとくっついてきてくれましたが、今回会うのは3回目。

"Aunt Saori!" と自然と何度も呼んでくれて、しかも発音が日本人のようにサオリと呼んでくれるんです。

わたしの名前はアメリカ人には難しくてだいたいのひとが"セヨーリ"みたいになってしまうのですが、まるで日本人みたいにきれいに名前を呼んでくれるのでますます可愛かった〜

(単純。でも名前は大事)

f:id:saomcd:20170822095609j:image

天使すぎる。

 

お姉さんは子どもができても結婚しなくて、結局相手がダメンズでいろいろな事情で結婚はしないと決め、月1なのか2週間交代なのか詳しくは知りませんがパパ業はやってくれているみたいです。

なのでお姉さんにはそれから2年くらいの彼氏がいましたが、浮気が発覚して別れてしばらくひねくれていました。。^^;

さいきん大学時代の同級生と再会して交際スタート。

それが今回会った彼ですが、めちゃくちゃ良い人で、お姉さんが気分屋でなかなかの強めキャラなのでそれに合わせるのがすごく手慣れていました。笑

 

そして子どもの扱いがすごくうまい。

というのは話を聞いたら、彼は奥さんを亡くしていて、その奥さんは前の旦那さんの子どもが3人いたそうで。。

ちなみにその前の旦那さんはクリスチャン家系でゲイであることを隠していてあとになって暴露し、いまはパートナーがいるそう。。

子どもたちのステップファザーを経験していて、いまも家族とは関わっているみたいだけど、彼に子どもがいるわけではないんですよね。

 

話ややこしくなりましたが、アメリカって本当に複雑な家庭がぜんぜんめずらしくない。

 

前日のサンディエゴセイリングも親友のお母さんは子どもが大きくなってから再婚していてその旦那さんでしたが親友もその弟もすんごい仲良くてクールな関係でした。

 

そしてわたしがすごいとおもうことは、相手に子どもがいてもあんまり躊躇せずにデートがはじまること。

日本だったらおたがいにめちゃくちゃ慎重になったり周りが反対したりとかが多数だとおもいます。

 

そして子どもを含めてつきあっていけること。

なんていうか、自分の気持ちに素直に生きてるひとが多い。

彼の、シーワールドに行こう!って思いつきで子ども2人つれて5、6時間ドライブして遊びに行くとかわたしにはできないできない。笑

 

もちろん実際にはたくさん問題もあるだろうけど、日本で仲良かったアメリカ人の友達たちもけっこう複雑な家庭を持った友達が多かったけど、遠ざからずにうまく家族づきあいをしていました。

 

わたしなら他人の子ども含めて相手を愛するとかできないな〜と思ってしまうけど、そういう光景をよく見るしわりとオープンなのでこういうのはアメリカ文化だなとおもいました。

 

海から話題はそれましたが、David家族との家族づきあいが少しづつだけどできてきていて楽しい週末でした!

 

にほんブログ村

サンディエゴその2

f:id:saomcd:20170818101305j:image

2日目をちょっとだけ記録に残しておく。

ボート泊の翌日は親友夫婦はアリゾナに帰宅のためDavidと2人でサンディエゴ市内観光。

オールドタウンに行ってみました。

 

メキシコとの歴史など小さなミュージアムが転々としていてお土産ショップや個性的なお店が並んでいました。

 f:id:saomcd:20170818101732j:image

メキシカン。

f:id:saomcd:20170818101753j:image

葉巻がものすごい種類でありました。

店員さん。。笑笑

f:id:saomcd:20170818101912j:image

f:id:saomcd:20170818101940j:image

大好きなメキシカンスカルの本場。

とりあえず顔はめときました。笑 

 

けっこう広い敷地。

しばらく散策して、まだ帰宅のバスまで時間あったので電車に乗ってミッドウェイ方面に向かってみました。

f:id:saomcd:20170818102039j:image

駅がレトロ。

わたしは知らない街でバスや電車にチャレンジするのがだいすきなので、歩き疲れてましたがテンション上がりました。

 f:id:saomcd:20170818102314j:image

到着。ちょっと歩くとSea port Village.

疲れてたのでお茶飲んで散策せず。

f:id:saomcd:20170818102333j:image

ミッドウェイ!

f:id:saomcd:20170818102404j:image

超超でかい!!

戦闘機がたくさん乗ってる!!

f:id:saomcd:20170818102411j:image

しかしながらミュージアムは5時で閉まり着いたのは4時前。

混んでたし、疲れてたので入館はやめておきました。

ミッドウェイとかぜんぜん知らず興味があまりない分野ですが、見たらかなり気になる存在に。

つぎに来たら行ってみたいです。

 

あとちょっとでメキシコ入り。

メキシコにはいついけるかなーー☆

 

 

サンディエゴの巻。そして英語。

f:id:saomcd:20170815101630j:image

8月あたまに戻ります。

http://saomcd.hatenablog.com/entry/2017/08/04/001345

Davidの幼なじみ家族の持つボートでセイリングしてきました。

写真はセイリング中に撮影。

 f:id:saomcd:20170815102314j:image

ロングビーチにもこういうボートのポートがずらーっとありますが、金持ちの余暇の極みとおもっていました。

 

いました身近に。

f:id:saomcd:20170815102514j:image

中には小さなキッチン、リビング、ベッドルーム、トイレがあり一応住めるようになっています。

す、すごい。

 

 f:id:saomcd:20170815102543j:image

Davidの親友夫婦とその弟、写真にはいませんがそのお母さんとお父さんの7人でセイリング。

 

舵をとって方向変換するときはロープでなかなかの力仕事で帆をコントロールして、これがセイリングなんだ!!っというゆったりしながらも臨場感のある時間でした。

野生のアザラシがいました。

 

本当なら来る予定だったムードメーカー夫婦が来なくなったので、静かな親友夫婦とどういう感じになるかななんて心配していましたが、たのしくやれました!

 

わたしもがんばりました!

彼女が本当にじぶんから話さない。

だからわたしから声をかけたりもしました。

 

親友ColeはまだDavidとデートしてる頃に日本に来たこともあり会ったことがありますが、日本にいる外国人に慣れきっているため彼の英語がなにを言ってるのかほとんど聞き取れなくて、彼も日本人に慣れてないのでわかってもらえなくて彼の英語はネイティヴすぎてもごもご話すしわかりにくい!と決めつけていました。。笑

 

それもあって何度か会っても苦手意識がついていたのですが、今回1番おどろいたのは、彼の英語がものすごくクリアに聞こえて会話がスムーズに成立しました。

ぜんぜんもごもごなんてしていませんでした。ごめんねCole。

 

そして会話にはムリしない程度にふつうに入っていられたので、乗り気じゃなかったこのセイリングのお誘いにがんばって賛同してよかったなーとおもいました。

 

彼女は本当はすごい強くて個性的なひとなんですが、重度の病気を昔から抱えていてさいきんも手術をくりかえしています。

でもおもしろいのはいつもビビッドなピンクとかブルーとかパープルでめちゃくちゃ長かった髪をいきなり思い立ってスポーツ狩りにしてきたことです。笑

 

次に会ったらもう少し距離が縮まるといいな。

とりあえず2人への苦手意識は拭えたので、"どーせわたしにはみんなの会話わからないし。"っていうネガティヴなイメージはめうやめようとおもいました!

わからない話題はわからないですけどね、それはそれで別にいい。

 

ぜんぜんじぶんの英語は上達していませんが、一応毎日仕事で8時間のうちの6時間くらいは英語のアメリカに住んでいる様々なエリアのお客さんや代理店のエージェントと電話で30〜40本程を対応しているので、他国育ちのひどい訛りや老若男女のアメリカ人のアクセントにも対応できるようになっているみたいです。

 

ただし日本語の対応もあるし、休憩や仲間は日本人といつもいるので普段の日常会話力は本当になかなか伸びません。。

←わたしはこれを伸ばしたい。

 

セイリングから話が英語にそれましたが、できないにフォーカスしないでできたことにフォーカスしていきたいなと思えたプチ旅行でした☆

f:id:saomcd:20170817101153j:image

 

にほんブログ村

はじめてのseiling

まずはじめに告白します。

 

先日サンディエゴに向かう途中にアップしたブログで、カリフォルニアの地図を囲った際に、メキシコであるバハカリフォルニアまでカリフォルニアとして囲っていたことを。

f:id:saomcd:20170815095926j:image

うっかりミスではありません。

バハカリフォルニアというから、カリフォルニアかと普通に思ってました。

 

ええ。カリフォルニア住んで7か月経ちますけど。。(笑)

 

たしかにカリフォルニアの形にしては長いなーとは思ったんです。

 

サンディエゴがメキシコとの境なのは斜めに境なんだー変なのと違和感はあったんです。

 

いいんです。

だれも気にしてなかったと思いますが、自分が気になるので。。

 

メキシコってうちからこんなに近かったんですね。笑笑

 

近いと知ってたけど、こんな近いとは。

 

今さら。笑笑

 

あーもう、今日はこれだけ書いてサンディエゴ旅行のことは次に書こう。

はじめてのseilingなんてタイトルからはじめちゃったけど、そうしよう。

 

世界地図は好きなタイプですが、アメリカ内のことはほんとーに疎いわたしです。 

なんとか各州の位置は把握しはじめたところなんですが、、勉強します!笑

 

にほんブログ村